Thank you!謝謝!спасибо!Merci!Спасибі!ありがとう!

2013年09月19日 20:37

       

できたてほやほやの辺境サイトを浜に敷かれた砂の数程あるサイトの中から訪問していただき、ありがとうございます。

 

前回はどこで何ヒットか見ればええのん?とか言ってる間に1,000ヒット超えてて描けなかったけど今回は逃さなかったよ。

タイトルには今まで訪問があった国の言語でヒット数順に「ありがとう」と入れました。日本の言語は「ゆずりあい」の文化なので最後に回しました。

ところでさ、一体どこからこういうサイトを探し出しているのか不思議で不思議で仕方が無いんだけどみんなどうやって探しているの?ちょっと気になる。

 

これはサイト統計を見て知ったことなんだけど、自分は考察をしていたんだね!特に『MA』のとき。普通に感想を書いているつもりでいたからびっくりした。それで急遽それっぽい記事に「考察」ってタグを付け加えたというね......w(気付けや!)

 

 

上の絵はオケアノストリオ幼少期の捏造だよ!一応、デクレオスがシュキオンのリラを取り上げて木に登っちゃったのを、見かねたアゴンがシュキオンを肩車して届くようにしている(が、背が足りない)図。

どうしてデクレオスがそんなことをしたかっていうと、自分はシュキオンと一緒に遊びたいのに、彼はアザを気にして外に出ず家でリラを弾いてばかりいたから無理にでも彼を外に出したくてついとった行動なの。悪気はなかったから、このあとアゴンの肩車でも届かなくて泣き出したシュキオンをみてうろたえリラを返すの。返す時にまとまらない自分の思いを上手くまとめようと一生懸命、謝罪も交えつつぼそぼそ言うの。 いつもは耳をつんざかんばかりに声を張り上げて喋るのに。

......って気が付いたら後の話まで考えてたよ〜はずかしーーー!この話はやめよう、血圧が心配だし(ウソつけ)

現実の男共の日常に興味はないのに二次元の男子の日常は気になるのはなんで?また設定がほとんど明かされていないってのが反則だよ。気にならざるを得ないじゃないの。

 

これからも『しゅみなべ!』をよろしくね!